Vanity of vanities

Kei Koba in CER, Kyoto University, Japan

「頭の悪さ」

ここで「頭の悪さ」ってごまかしちゃだめなんだ。

 

イメージがわかない。図のイメージが出てこない。

その場合、さらにぞの図のイメージなんて、zeroから出てくるものではなく、いろいろなものを見ているからでている、ってことが大事。つまり、図をいろいろ見ていない、ってことがある。または見ているけれど、その「意味」を考えられていないということか。

 

おそらく、ここ、たとえば論文見ている数は減ってない。でも、「軽い」見方しかしていないってこと。ここの原因は、「この図はこういうことだよね、どうせ」というおもいこみ、が原因だろう。うん。ここだ。

 

ちゃんと見ろ!ってことだよね。ごめんなさい。。。

ぶっちゃけやばくね?

自分が想定していたよりも作業が、少なく見積もっても10倍遅い。。。。その遅さの原因って、今回の今の作業、頭の悪さ、ってのでまとめられる気がする。これは。。。やばくね?

 

自分の体力の低下 x 自分の能力の低下 x かけられる時間の低下 ってのでかなり劇的に全体の出来高が低い。0.8 x 0.8 x 0.8でも0.5になるからなぁ。。。

 

 

本日テレワーク中

コーヒーのみ忘れるくらい頑張ってますよ。editor仕事4つやり、予算案つくり、授業の打ち合わせ初め、いまは書類2つと査読が画面上に。

 

 

仕事の進め方、いろいろな側面でいろいろなことがあるわけだけれど、はっきりいって、自分一人でちまちまやってきたそのやり方を相対的に見る機会が少なすぎる。他の人の仕事をみて、比較して、いいところを学んでいかないといけないということを改めて感じる50歳。何かしらやっているけれど、それがbestどころかbetterなやり方かどうかはぜんぜんわからんぞ。

 

 

エクセルの使い方とか、他の人のを見てうわすごい、とおもう、あれ。あれと同じことをもっと「仕事」のいろいろなところで見ないといけない。のだけれど、実際そういうチャンス本当に少ないんだよな。。。学生さんにとってもそうかもしれない(まだ先輩と同じように、ANOVAかける、とかはあると思うんだけど)

 

 

うむ。仕事に戻ります。

ありがてぇ

Hさんと土壌の話。ありがたや、、、、ほんま土壌のプロパーの人の視点は勉強になるなぁ。。。

 

 

今日も頑張ってますわよ、、、0555から働いてますが、あといっちょ、なんとか推薦書書き上げたい。

fontfan

HelveticaだけじゃなくてFuturaとかUniversとか買っているくらいの軽度なファンでございます。フォントね。Windows環境だとなんともしんどいところあるけど。。。

 

 

でMORISAWA BIZ+で使わせてもらえるBIZ UDゴシックは本当におすすめです。授業でも「むちゃくちゃ見やすい」と毎年1名くらいから言われます(1名でも言われるのはすごくいいこと)。これにMyriad Proの組み合わせでいつもいってます。

 

 

Frutigerの分厚い本をクリスマスにかみさんに買ってもらったくらいの軽度なファンでございます。。。。昔のAdobeのパッケージを買ってたりするくらいのごくごく軽度な・・・・NeueHaasGroteskとか小塚ゴシックとか好きだなぁ、、、小さい赤いHelvetica本とかDVDとかああ、もってるなぁ、、、

そうだよねえ

間違えたくないよねえ、、、大人なんだし

 

 

でも、恐ろしいのは間違えてもだれも教えてくれないことなんだよね、、、

 

 

気づける範囲には限りがある。当たり前のこと。

 

 

間違えたくはないんだよ、、、うん。

本拠地はこちら http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~keikoba/